« 春の畑で一日過ごす。 | トップページ | 柳生宗矩『兵法家伝書』より »

2007年3月28日 (水)

京の便り。

       桜餅の甘酸っぱい香りが、
       お店に薫る季節になりました。

この出だしを読んで思わずほっこりした。ずいぶん手紙や
葉書を出したり受けたりしてきたが、こんなのは初めてだ。
文例集にもないと思う。船井幸雄さんのチャリティ講演会
〔4月7日・先斗町歌舞練場にて・㈱中村堂主宰〕のチケット
が送付されてきたが、それに添えられていた。春の訪れを
和菓子屋の店先で感じるなんて、京の娘さんらしいな。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

 
Fi1283526_4e1_1

                       

|

« 春の畑で一日過ごす。 | トップページ | 柳生宗矩『兵法家伝書』より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/14428437

この記事へのトラックバック一覧です: 京の便り。:

« 春の畑で一日過ごす。 | トップページ | 柳生宗矩『兵法家伝書』より »