« 『黄砂』、大正末期から春の季語に。 | トップページ | 風邪を引いたかな。 »

2007年4月 5日 (木)

二十四節気『清明』に入る。

 清明の畦(あぜ)はればれと踏みにけり  大屋達治

『清明』は、「春風暑からず寒からずの天」(白居易) 「清
明の時節、好風光」(来鵬)といわれ、絶好の季節と見なさ
れている。中国ではこの時期に墓参りをするという習慣が
あるという。わが国では花見だ。そして田や畑仕事に向か
う足取りも軽やかに。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623136_5e1


                     

|

« 『黄砂』、大正末期から春の季語に。 | トップページ | 風邪を引いたかな。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/14553490

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気『清明』に入る。:

« 『黄砂』、大正末期から春の季語に。 | トップページ | 風邪を引いたかな。 »