« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

麦秋至(ばくしゅういたる)。

   走り梅雨刈られていまだ麦青き  相馬遷子

この二日ほど雨が続いた。この時期に降るのを迎え梅雨
とか走り梅雨という。この句の麦はまだ青いが、実際には
黄金色に色づいている。これを麦秋(ばくしゅう、むぎあき、
むぎのあき)という。夏の季語でもある。今日から1年を5日
区切りで表す七十二候の麦秋至に入る。季節は移ろう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Img_050615_011


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

今日決めたこと。

       ♪無理はよそうよ体に悪い♪

わたしはこの便りを朝起きてすぐに書くことにしている。しか
し、今朝は何も浮かんでこず、歳時記にもふさわしいものが
見つからなかった。種(モチーフ)が無いと文章は書けない。
以前、そんなときには無理しなくてもいいじゃないの、とメル
友に言われたことを思い出した。たしかにそうだ。毎朝書く
のを義務としてきたが、そのこだわりの枠をはずそうと思う。
何もなかったら★ ありがとう暦 ●だけを掲載しよう。すると
昼や夜に浮かんでくることもある。ああ、気が楽になった。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi1477854_1e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

ダッチ・オーヴンを始めよう。

焼く・蒸す・煮る・ゆでる・炊く・炒める・揚げる、すべてOK

ダッチ・オーヴンとは、西部劇でカウボーイが野宿などの
ときに使っている鋳鉄(ちゅうてつ/いもの)の鍋だ。前から
興味をもっていた。近くの緑花公園で講習会があると聞き
参加した。ローストチキンと焼き芋、野菜スープを作ったの
だが、調理が簡単でなかなかおいしかった。燃料は炭だっ
た。家庭のガスで使える小型のものもあるという。これを求
めてチャレンジしてみよう。これぞ男の料理だね。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Img_5179


          ★ ありがとう暦 ●
KIN 256
旧暦:平成十九年・丁亥(ひのとい)の年
卯月(うづき/四月)十三日 仏滅
(今年の夏は、新暦の5月17日から年8月12日まで
 梅 雨 麦 秋:梅雨入りおそいが明けが早く残暑少なし)
干支:癸亥〔みずのとい
 :水(みず)の陰(と)・水の弟(と)〕    
月齢:12.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十三夜】:新月から数えて、十三日目の月。
 十五夜についで美しく、縁起がいいといいとされる。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
琵琶湖水位(28日):-12cm
二十四節気:小満(しょうまん) …陽気盛万物稍
 (やや)満足す。
*万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)
*立夏後15日目。草木が青あおと繁って天地に生気が
 満ちてくる。
*光熱ともに旺盛となり、陽気天に満ちるという意味で
 小満という。
七十二候:小満の次候 (5/26~30):紅花栄
 (こうかさかう)…紅花があざやかな色に咲きはじめる。
誕生花:ジャーマンアイリスIris germanica
 吉報・楽しい知らせ
農作 5月中旬:田植開始。陸稲の播種。緑肥の刈取。かぼ
 ちゃの摘心。サツマイモの摘心。一般野菜類の播種。
 果菜類の定植。里芋、長芋の定植。筍、えんどう、みつば、
 うど収穫。果樹園の害虫駆除。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

ボランティアの第一歩。

   人のために流す汗は、心地よい。
   でも、自己満足に陥らないように。

昨日は、 ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り を書く間
もなく飛び出して、市民農園の開園式に参加した。約30坪
(100㎡)が一区画で、20組の応募があった。赤ちゃんづれ
の夫婦や家族、一人での参加などそれぞれが菜園づくり
に取り組む。わたしは準備段階からのスタッフだが、皆さ
んが真剣に取り組んでいる姿に感動した。これがボランテ
ィアの喜びだろう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Img_0860_3_1

          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

七十二候では紅花栄(こうかさかう)。

    行く末は誰が肌ふれむ紅の花  芭蕉

紅花は推古天皇の時代に朝鮮半島から渡来した。染料、
化粧品、薬品などに使われてきた。七十二候とは、年間を
5日づつに区切って、その花が咲く季節になったという。
切花にもなると聞いたので、来年は栽培してみたいな。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞
※写真は「季節の花 300」から http://www.hana300.com

Benina51


          ★ ありがとう暦 ●
KIN 253
旧暦:平成十九年・丁亥(ひのとい)の年
卯月(うづき/四月)十日 先勝
(今年の夏は、新暦の5月17日から年8月12日まで
 梅 雨 麦 秋:梅雨入りおそいが明けが早く残暑少なし)
干支:庚申〔かのえさる:金(か)の陽(え)・金の兄(え)〕         
月齢:9.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十日月(とうかんや)】
:旧暦10月10日のこの日には、収穫祭がおこな
 われていた。新月から数えて、十日目の月。
潮汐:長潮(干満の間隔が長く、変化が緩やかな時期)
琵琶湖水位(25日):-19cm
二十四節気:小満(しょうまん) …陽気盛万物稍
 (やや)満足す。
*万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)
*立夏後15日目。草木が青あおと繁って天地に生気が
 満ちてくる。
*光熱ともに旺盛となり、陽気天に満ちるという意味で
 小満という。
七十二候:小満の次候 (5/26~30):紅花栄
 (こうかさかう)…紅花があざやかな色に咲きはじめる。
誕生花:クローバー(白詰草)Trifolius repens
 幸運・夢の中
農作 5月中旬:田植開始。陸稲の播種。緑肥の刈取。かぼ
 ちゃの摘心。サツマイモの摘心。一般野菜類の播種。
 果菜類の定植。里芋、長芋の定植。筍、えんどう、みつば、
 うど収穫。果樹園の害虫駆除。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

雨に心満たされて。

   海よりも野山に降りてこそ緑雨  大屋達治

「おしめりがほしいね」と畑のおばあさん達が言っていたが
今朝から降っている。いい雨だ。骨休めにもなる。昨日は
観光ボランティアガイドとして夏の情報誌を編集する。また、
知的障害者作業所"あじさい園"での野菜販売に協力して
早生のタマネギ30個を届けにいった。時間と労力の持ち出
しだが、人のために役立つことがうれしい。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623192_4e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

普段着で生きる。

   職退けば甚平を着て書を読まな  福永鳴風

退職したころは夏は甚平、その他の季節は作務衣を愛用
していた。髭などもはやして。それから5年、髭はとうに剃り
夏はTシャツに半ズボン、ほかは着古した長袖シャツとコッ
パンで過ごしている。無理は疲れるよ。畑では年中麦わら
帽子に長袖・長ズボン・地下足袋姿で働く。これが一番だ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623190_3e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

「旅 空に」

  流れてる 吹いている 田には早苗がもう並んでる
  遠く山が見える町 つばめを迎え
  翔けている 駆けていく わたしの翼も

木の若芽さんの木の若芽さんのWOOD NOTESから。
http://blog.mag2.com/m/log/0000038550/
このいい季節に、詩を読んで気分は旅をしている。でも野
菜の苗の植えつけに加えて、大輪朝顔の種もまかないと
いけない。今日も快晴だ。大いに農作業にいそしもう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Ayame


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

孫のためならエンヤコラ。

    玻璃盤に露のしたたる苺かな  夏目漱石

わがピースルームありがとう農園(150坪)では、今イチゴ
が最盛期だ。横1メートル、長さ25メートルほど栽培してい
る。一日おきにボウル一杯もとれる。漱石のガラスの器で
はなく、伊賀焼の深皿にいれて砂糖をかける。しばらくして
しみてきたところを食べる。幸せ。孫の離乳食にしてみよう。
好評なら来年は栽培面積をもっと増やそうか。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Zlyklfyb1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

二十四節気の小満に入る。

     小満や根づきし色の太棚田  古市枯声

小満とは、光熱ともに旺盛となり、陽気天に満ちるという意
味だ。万物しだいに長じて満つるとも。その通り、このところ
天候も安定してすごしやすい。体力気力とも充実してきた。
田に植えられた苗が風にそよいでいる。あとは、わたしの
畑に野菜の各種の苗を植え込むだけだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Tanada011


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

恩讐も溶けて流れて。

   語り部を待てり涼しき座を空けて  中山明代

昨夜京都駅前の新都ホテルで、以前務めていた女性下着
メーカーW社の宣伝部同窓会があった。120名に招待状を
出し60名が参加した。わたしは32年間勤務した。その間に
いろいろのことがあったが、それぞれの顔を見ていると懐
かしくすべてが流れゆく。ふと亡くなった人の顔が浮かぶ。
もう一度この場にお呼びして、話を聞きたいと切に願った。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623187_5e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

今年も、こんにちは。

   燕来る日なり日差しも吹く風も  金子加寿夫

昨日見かけた。水を張り苗を植えた水田の上を、黒い稲妻
のように飛び抜けていった。燕かな、と思った。今朝はもっ
と間近の庭先に飛来した。もう、そんな季節になったのか。
薄紫の馬鈴薯の花も咲き始める。
PS.燕は春の季語だが、初夏の感じがする。もっとも燕の子
は夏の季語で納得だ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Tsubame_41


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

30歳台からの興味に火がついた。

   料理して錬金術師になった気分  さっちゃん

おとといの日記「料理とは化学実験に似たるかな」に対して
上記のような返歌をいただいた。『錬金術師』か、うぅ~ん!
例えていえばキーボードを一本指でようやく打てるようにな
った初心者が、ブラインドタッチのパソコン熟練者を仰ぎ見
るような感覚だ。ふと本棚の奥を見ると『男の料理』という
雑誌があった。発行は昭和55年だ。やりたかったんだな。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623185_2e1





          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

卯月(うづき)だ、夏の始まりだ。

    白匂う卯の花月となりにしか  宇咲冬男

旧暦の夏は今日から卯月、皐月(さつき)、水無月の最後
の日(新暦の8月12日)までとなる。卯月とは「卯の花月」を
略したもの。♪卯の花の匂う垣根に…♪の歌が想いだされ
る。さあ夏だ、と目覚めてみたら雨だった。でも今はやんで
太陽もさしてきた。いよいよ始まりだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞
※卯の花の写真は「季節の花 300」から
    http://www.hana300.com

Aaooutugi01


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

男子厨房に入るべし。

     料理とは化学実験に似たるかな  春風

川柳にもならない腰折れだが、これが実感だ。昨日は京都
・ベターホーム協会の「60歳からの基本料理教室」に行く。
同じ世代だけなので、気楽に実習ができる。切り身魚の煮
付け・茶碗蒸し・切り干し大根の煮ものの三点だ。材料に触
媒(砂糖、塩、ミリンなど)を加えて加熱する…なんだか中学
時代の化学実験を思い出した。出来上がったものはけっこ
うおいしく、これから料理にはまってしまいそうだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623184_3e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

葵祭、古代そのままに。

     白髪にかけてもそよぐ葵かな  一茶

今日の午前10時30分、行列は京都御所を出発し、王朝風
の優雅な列が市中を練り、下鴨神社を経て上賀茂神社へ
向う。内裏神殿の御簾をはじめ、御所車、勅使、供奉者の
衣冠、牛馬にいたるまで葵の葉で飾られる。
今日は男性料理教室で京都に行くのだが、この伝統の祭
は見られれず残念だ。心の中に思い浮かべてみよう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞
※写真は「季節の花 300」から http://www.hana300.com

Aoi


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

蚯蚓(みみず)は友達だ。

  みみずももいろ土の愉しき朝ぐもり  柴田白葉女

二十四節気の立夏 の次候・蚯蚓出(きゅういんいずる)に
入る。昨日は雨で畑にいけなかった。今朝は肌寒いものの
天気がいいから1日働ける。ミミズのいる畑は、チッソはもち
ろんアミノ酸やミネラルがたっぷりで、ビタミン豊富なおいし
い野菜が取れるという。ミミズさん、なかよくしようね。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623178_4e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

これも波動調整か。

             しあわせは
             招かなくても
             やってくる
             豊かな心で
             いたらね

最近はこの立花大敬さんの日めくりカレンダーが気に入っ
ている。トイレの壁に掛けてあるのだが、いままでにいろい
ろな人のを使ってきた。中村天風先生、小林正観さん、あり
がとうおじさん等々。その時のわたしにそれぞれが必要だ
ったと思う。自分自身の波動調整のために。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623178_5e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

「気づきを」

   朝から 気づきに満ち
   人から空から草から 言葉と風と輝く色
   わたしたちは送り合う 気づきをたくして
   緑の言葉が乗る風 送る心大らかに

木の若芽さんのWOOD NOTESのバックナンバーから。
http://blog.mag2.com/m/log/0000038550/
このところ夏に向けてようやく体調が整ってきた。夜10時就
寝、朝4時半起床、5時過ぎに近くの小公園で体操をする。
朝の誓いを新たに、一日を始める。生きているのが楽しい。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi1447171_4e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

すべてマニュアル化か。

    仁・義・礼・智・誠・孝・忠・廉・恥・勇・名・克

この漢字をガイドに、武士道や品格を教えるセミナーがあ
るという。今朝の読売新聞を読んでいて違和感を覚えた。
気がつくとマニュアル全盛の世の中になっている。赤ちゃ
んの産み方からはじまって、育児、教育、恋愛、結婚、就
職、ビジネス、出世、病気、退職、第二の人生、老後、お
墓はもちろん死に方まで、あらゆる分野にマニュアルがあ
る。窮屈な世の中になったものだ。そこから外れたいな。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623179_5e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

その大願を引き継ごう。

 二度とない人生だから  戦争のない世界の        
 実現に努力し  そういう詩を
 一篇でも多く  作っていこう

 わたしが死んだら  あとをついでくれる
 若い人たちのために  この大願を  書き続けてゆこう

昨日NHKの心の時代で、「念ずれば花ひらく」の坂村真民
さんのことが放映された。大地にひれ伏し、祈りの言葉を刻
む姿に感銘した。わたしはもう若くはないが、2006年に逝去
された真民さんの大願を引き継ごうと深く決心した。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi1412760_2e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

今日は立夏だ。

  雨後の月出でて大都は夏に入る  山田美知子

二十四節気の立夏なのだが、朝から雨が降っていた。畑
仕事の疲れか、今日は昼頃に目覚めた。体調が優れず、
こんな日もあってもいいかなと思いつつ、ゆっくりと家で過
ごす。でも、明日晴れたらやはり畑に行こうと気持ちがは
やる。暦の上では夏に入った。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2578150_2e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

親子孫も子供の日。

    明眸を皆に愛され子供の日  秦野淑恵

初節句を祝うため、娘のマンションを昨日訪ねた。わたした
ちが贈った兜の飾りがベビータンスの上に置いてある。菖
蒲の花やチマキを添える。10ヶ月の孫は、半袖の甚平姿で
元気ハツラツだ。散らし寿司、天ぷらといった娘の料理を初
めて味わう。幸せなひととき。これも孫が運んでくれたもの。
(明眸:めいぼう /美しく澄んだひとみ)
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Img_4308


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

今日はみどりの日だ。

    いつかは落葉になる  それをかくごして
    葉は緑のとき  思い出をつくるだろう

読売新聞の朝刊・編集手帳にのっていた小学4年生の詩
だ。この子にとって還暦を過ぎたわたしは、枯葉かもしれな
い。でも自分を離れて宇宙的な目で見ると、この地球に生
きていることこそが「命は緑のとき」だと思う。肉体を離れる
ときに思い出をいっぱいもって、そこに帰っていきたい。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi1392788_0e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

今日は憲法記念日だ。

   子供の記憶は正しい憲法記念日  鈴木明

日本国憲法は昭和22年に施行された。わたしの生まれた
一年後だ。だからこの憲法のもと、戦後教育を受けてきた
世代になる。戦争の放棄や基本的人権は学校で習ってた
し、空気のような存在だ。しかし理想と現実のギャップは大
きい。今日は畑仕事をしながら、再度考えてみたい。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi1392774_0e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

立春から八十八日目。

八十八夜茶うまし今生きてこそ  木村風師

春から夏へ移りゆく微妙な季節だ。茶摘の歌をどうぞ。
♪夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る 
あれに見えるは茶摘じゃないか あかねだすきに菅の笠♪
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi1392796_2e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

骨休めの雨だ。

   あいまいな空に不満の五月かな  中澤敬子

朝刊を取りに出たときに雨が降り出した。一読して横になっ
たら寝てしまった。昨日の午前中は自分の畑を耕やす。午
後から市民農園の開設準備で、ビニールハウスや堆肥置き
場の設置を手伝う。貴重なノウハウが得られたボランティア
だったが疲れた。今日一日雨だという。部屋をかたづけて、
珈琲を飲みながらモーツアルトを聞こうか。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2620153_3e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »