« 雨に心満たされて。 | トップページ | ボランティアの第一歩。 »

2007年5月26日 (土)

七十二候では紅花栄(こうかさかう)。

    行く末は誰が肌ふれむ紅の花  芭蕉

紅花は推古天皇の時代に朝鮮半島から渡来した。染料、
化粧品、薬品などに使われてきた。七十二候とは、年間を
5日づつに区切って、その花が咲く季節になったという。
切花にもなると聞いたので、来年は栽培してみたいな。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞
※写真は「季節の花 300」から http://www.hana300.com

Benina51


          ★ ありがとう暦 ●
KIN 253
旧暦:平成十九年・丁亥(ひのとい)の年
卯月(うづき/四月)十日 先勝
(今年の夏は、新暦の5月17日から年8月12日まで
 梅 雨 麦 秋:梅雨入りおそいが明けが早く残暑少なし)
干支:庚申〔かのえさる:金(か)の陽(え)・金の兄(え)〕         
月齢:9.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十日月(とうかんや)】
:旧暦10月10日のこの日には、収穫祭がおこな
 われていた。新月から数えて、十日目の月。
潮汐:長潮(干満の間隔が長く、変化が緩やかな時期)
琵琶湖水位(25日):-19cm
二十四節気:小満(しょうまん) …陽気盛万物稍
 (やや)満足す。
*万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)
*立夏後15日目。草木が青あおと繁って天地に生気が
 満ちてくる。
*光熱ともに旺盛となり、陽気天に満ちるという意味で
 小満という。
七十二候:小満の次候 (5/26~30):紅花栄
 (こうかさかう)…紅花があざやかな色に咲きはじめる。
誕生花:クローバー(白詰草)Trifolius repens
 幸運・夢の中
農作 5月中旬:田植開始。陸稲の播種。緑肥の刈取。かぼ
 ちゃの摘心。サツマイモの摘心。一般野菜類の播種。
 果菜類の定植。里芋、長芋の定植。筍、えんどう、みつば、
 うど収穫。果樹園の害虫駆除。

|

« 雨に心満たされて。 | トップページ | ボランティアの第一歩。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/15205047

この記事へのトラックバック一覧です: 七十二候では紅花栄(こうかさかう)。:

« 雨に心満たされて。 | トップページ | ボランティアの第一歩。 »