« 恩讐も溶けて流れて。 | トップページ | 孫のためならエンヤコラ。 »

2007年5月21日 (月)

二十四節気の小満に入る。

     小満や根づきし色の太棚田  古市枯声

小満とは、光熱ともに旺盛となり、陽気天に満ちるという意
味だ。万物しだいに長じて満つるとも。その通り、このところ
天候も安定してすごしやすい。体力気力とも充実してきた。
田に植えられた苗が風にそよいでいる。あとは、わたしの
畑に野菜の各種の苗を植え込むだけだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Tanada011


          

|

« 恩讐も溶けて流れて。 | トップページ | 孫のためならエンヤコラ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123845/15147937

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四節気の小満に入る。:

« 恩讐も溶けて流れて。 | トップページ | 孫のためならエンヤコラ。 »