« 日本列島浄化の台風か。 | トップページ

2007年7月16日 (月)

愛は、ここから始めよう。

     五月雨の降り残してや光堂  芭蕉

台風四号が通り過ぎて、畑に出た。覚悟していたのだが特
に荒れてはいなかった。太陽の光の中で、トマト、ナス、キ
ュウリなどの世話をしながら、わたしはこの畑から始めてい
こうと思った。「スローライフ」、「ロハス」、「地産地消」もここ
から。「晴耕雨読」の生活を続けながら、感じたこと、味わっ
たことを愛のある言葉にしていけたら、と願った。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623243_1e1


          ★ ありがとう暦 ●
KIN 44
旧暦:平成十九年・丁亥(ひのとい)の年
水無月(みなづき/六月)三日 友引
(今年の夏は、新暦の5月17日から年8月12日まで
 梅 雨 麦 秋:梅雨入りおそいが明けが早く残暑少なし)
干支:辛亥〔かのとい:金(か)の陰(と)・金の弟(と)〕         
月齢:1.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【三日月(みかづき)】
:月が出ると書いて、【朏(ひ)】を「みかづき」と読む。
  初めて見え出した月を表す言葉が語源。原始の太陰暦
 では、新しい月の見えた日、すなわち三日月の出た日
 を暦の始めとしていた。
  夕暮れの西の空に見え始める、細く希望に満ちた月。
 その形は弓のほか、鎌や櫛、剣、舟にも例えられ、
 多くの表情豊かな異称がある。
【若月(わかつき)】【眉月(まゆつき)】【朏魄(ひはく)】
【始生魄(しせいはく)】【哉生明(さいせいめい)】
【磨鑛(まこう)】 【彎月(わんげつ)】【繊月(せんげつ)】
【初月(はつづき)】【虚月(こげつ)】【蛾眉(がび)】
【月の剣(つきのつるぎ)】等。 
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
琵琶湖水位(15日):+14cm
二十四節気:小暑 (しょうしょ)  *やや暑熱を催す。
*大暑来れる前なれば也(暦便覧)
*暑気いよいよ盛んになるので小暑という。
七十二候:小暑の次候 (7/12~16)*蓮始華
 (はちすはじめてはなさく)…早朝の涼しさのなかで、
 清楚なハスの花が開く。
誕生花:サボテン(仙人掌)Cactaceae 燃える心・情熱

|

« 日本列島浄化の台風か。 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本列島浄化の台風か。 | トップページ