2007年7月16日 (月)

愛は、ここから始めよう。

     五月雨の降り残してや光堂  芭蕉

台風四号が通り過ぎて、畑に出た。覚悟していたのだが特
に荒れてはいなかった。太陽の光の中で、トマト、ナス、キ
ュウリなどの世話をしながら、わたしはこの畑から始めてい
こうと思った。「スローライフ」、「ロハス」、「地産地消」もここ
から。「晴耕雨読」の生活を続けながら、感じたこと、味わっ
たことを愛のある言葉にしていけたら、と願った。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623243_1e1


          ★ ありがとう暦 ●
KIN 44
旧暦:平成十九年・丁亥(ひのとい)の年
水無月(みなづき/六月)三日 友引
(今年の夏は、新暦の5月17日から年8月12日まで
 梅 雨 麦 秋:梅雨入りおそいが明けが早く残暑少なし)
干支:辛亥〔かのとい:金(か)の陰(と)・金の弟(と)〕         
月齢:1.6(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【三日月(みかづき)】
:月が出ると書いて、【朏(ひ)】を「みかづき」と読む。
  初めて見え出した月を表す言葉が語源。原始の太陰暦
 では、新しい月の見えた日、すなわち三日月の出た日
 を暦の始めとしていた。
  夕暮れの西の空に見え始める、細く希望に満ちた月。
 その形は弓のほか、鎌や櫛、剣、舟にも例えられ、
 多くの表情豊かな異称がある。
【若月(わかつき)】【眉月(まゆつき)】【朏魄(ひはく)】
【始生魄(しせいはく)】【哉生明(さいせいめい)】
【磨鑛(まこう)】 【彎月(わんげつ)】【繊月(せんげつ)】
【初月(はつづき)】【虚月(こげつ)】【蛾眉(がび)】
【月の剣(つきのつるぎ)】等。 
潮汐:大潮(干満の差が大きな時期 )
琵琶湖水位(15日):+14cm
二十四節気:小暑 (しょうしょ)  *やや暑熱を催す。
*大暑来れる前なれば也(暦便覧)
*暑気いよいよ盛んになるので小暑という。
七十二候:小暑の次候 (7/12~16)*蓮始華
 (はちすはじめてはなさく)…早朝の涼しさのなかで、
 清楚なハスの花が開く。
誕生花:サボテン(仙人掌)Cactaceae 燃える心・情熱

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

日本列島浄化の台風か。

     空も地もひとつになりぬ五月雨  杉 風

7月12日に、龍頭の宗谷岬から龍尾の沖縄まで「つながり
ましたよ~」というメールを信頼している札幌の女性からい
ただいた。わたしの背骨もちゃんと立って、爽快な気分に
なった。今日14日は旧暦の水無月一日で新月の大潮だ。
台風4号が南から北へ日本列島を縦断している。いよいよ
日本の国もわたしたちも浄化の時を迎えたようだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623241_1e1


          

| | コメント (0)

2007年7月13日 (金)

「もうそろそろ書いたら」と、妻が。

     五月雨を集めて早し最上川  芭蕉

パソコンをチェックしていた妻がそう言う。6月14日の「雨も
楽しい」で梅雨入りを書き、25日の「雨に心も洗われて」以
降ブログを更新していない。気がつくと梅雨も終盤にさしか
かっている。台風4号の先触れの豪雨に閉じ込められて、
一日中家にいて。無為に過ごしているうちに、内に満ちて
くるものを感じた。この流れに乗って漕ぎ出してみよう。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623244_4e1


          

| | コメント (0)

2007年6月25日 (月)

雨に心も洗われて。

 透析に自我も漉(こ)される梅雨晴間  三宅富次郎

「雨も楽しい」という題で梅雨入りのことを書いてから、もう
10日たった。3年間続けてきた「ピースルーム ありがとう村
便り」が突然書けなくなった。その理由は、生活習慣を変え
たこと。朝5時前に起きて、すぐに畑に行く。そうしないと農
作業が間に合わない。カンカン照りの日中は昼飯を食べて
昼寝する。昼下がりから暗くなるまでまた畑に。夜は疲れて
風呂、飯、酒、寝る…。書く時間がない。それでも書きたい
気持ちがつのってきた。これからは日時をふくめて不定期
便にしよう。満ちてくるものを書いていきたい。
PS.農作業で、自我は疲れて本心が見えてきたようだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi1667667_4e1


          

| | コメント (0)

2007年6月14日 (木)

雨も楽しい。

     ♪雨・雨・降れ・降れ・母さんが…♪

今日の午前11時に近畿地方は梅雨に入った。このところ
早朝から畑に出ているので、公(?)に休めるのが嬉しい。
妻は書道教室にでかけ、友人と昼食を食べてくると言う。
わたしは小雨の中、自転車で小料理屋に向かう。イカの姿
煮は卵がつまっていておいしい。旬の味だ。帰りに理髪店
で髪を思いっきり短く切ってもらう。爽やかに。帰りの自転
車をこぎながら、この童謡を口ずさんでいた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi1575654_0e1


          

| | コメント (0)

2007年6月 7日 (木)

体が変われば、心も変わる。

     男でも、痩せたと言われて喜んだ。

毎週通っているエアロビックスの教室で、面識のないオバ
サンから、「痩せましたね」と言われた。5,60人のメンバー
の中で男1人、気になっていたのだろう。正直嬉しかった。
妻もそう言えば…、とのこと。この教室以外にアクアビック
ス(水中でのエアロビックス)で、全身を動かしている。畑仕
事がほぼ毎日だ。おかげで体も軽く、気分が明るく積極的
になってきた。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623205_5e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

二十四節気の芒種(ぼうしゅ)へ。

 芒種とふこころに播かん種子もがな  能村登四郎

芒種とは、芒(のぎ/突起のある種子)即ち稲の種子を播く
季節のこと。昔はこの時期に行っていた。この句の「もが
な」とは、古文で習ったが「強く望み願う意を表す」終助詞
だ。そうか、心にも種子を播くことができるのだ。還暦を越し
たといえども、あと何種類かを播いてみたいものだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623206_5e1


         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

「まるい心」で光の世界へ。

キャッチボールをしに行こう 新しいきれいな色のボールで
きみが投げれば光るボール わたしが投げても光る
空中に交わされるまるい心

木の若芽さんの WOOD NOTESから。
(http://blog.mag2.com/m/log/0000038550/ )
ここで歌われているのは若い男女の会話だろうか。さらに
夫婦、親兄弟、友達、知人…、そして動植物や自然にまで
こんな関係が結べたら光の世界になれそうな。
PS.今日はKIN 1の日。新しい出発です。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2622880_4e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

息子はわが家がいいと言う。

    薬屋を馬籠に捜す走り梅雨  中村照子

26歳の同居している次男が、奈良の大和高田に4日間出
張した。サービスエンジニア(といえば聞こえがいいが修理
屋)で、大型のエアコンを何人かで整備したという。初日に
風邪を引き40度の熱を出した。雨の中を車で医者を探し、
解熱剤をもらい点滴を受けたそうだ。この句のような状況だ
ったのだろう。昨夜仕事を終え、思ったより元気にわが家に
たどり着いた。子どもはいくつになっても気がかりなものだ。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi1477979_0e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

今日から衣替え、かな。

    六月の花のさざめく水の上  飯田龍太

六月と聞くと連想するのが梅雨、そして衣替えだ。学生時
代に冬服から夏服に全校いっせいに変わって、女子学生
がまぶしかった。それから幾星霜、今日の琵琶湖地方は
肌寒く、タンス からラベンダー色のカーデガンをとりだして
着ているわたし。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi1477883_1e1


          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧