2007年5月29日 (火)

ダッチ・オーヴンを始めよう。

焼く・蒸す・煮る・ゆでる・炊く・炒める・揚げる、すべてOK

ダッチ・オーヴンとは、西部劇でカウボーイが野宿などの
ときに使っている鋳鉄(ちゅうてつ/いもの)の鍋だ。前から
興味をもっていた。近くの緑花公園で講習会があると聞き
参加した。ローストチキンと焼き芋、野菜スープを作ったの
だが、調理が簡単でなかなかおいしかった。燃料は炭だっ
た。家庭のガスで使える小型のものもあるという。これを求
めてチャレンジしてみよう。これぞ男の料理だね。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Img_5179


          ★ ありがとう暦 ●
KIN 256
旧暦:平成十九年・丁亥(ひのとい)の年
卯月(うづき/四月)十三日 仏滅
(今年の夏は、新暦の5月17日から年8月12日まで
 梅 雨 麦 秋:梅雨入りおそいが明けが早く残暑少なし)
干支:癸亥〔みずのとい
 :水(みず)の陰(と)・水の弟(と)〕    
月齢:12.3(正午時点の月齢。月齢とは、直前の新月の
 瞬間を0とし、それからの経過日数を示す)
月名(旧暦名)【十三夜】:新月から数えて、十三日目の月。
 十五夜についで美しく、縁起がいいといいとされる。
潮汐:中潮( 干満の差が中程度の時期 )
琵琶湖水位(28日):-12cm
二十四節気:小満(しょうまん) …陽気盛万物稍
 (やや)満足す。
*万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)
*立夏後15日目。草木が青あおと繁って天地に生気が
 満ちてくる。
*光熱ともに旺盛となり、陽気天に満ちるという意味で
 小満という。
七十二候:小満の次候 (5/26~30):紅花栄
 (こうかさかう)…紅花があざやかな色に咲きはじめる。
誕生花:ジャーマンアイリスIris germanica
 吉報・楽しい知らせ
農作 5月中旬:田植開始。陸稲の播種。緑肥の刈取。かぼ
 ちゃの摘心。サツマイモの摘心。一般野菜類の播種。
 果菜類の定植。里芋、長芋の定植。筍、えんどう、みつば、
 うど収穫。果樹園の害虫駆除。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

30歳台からの興味に火がついた。

   料理して錬金術師になった気分  さっちゃん

おとといの日記「料理とは化学実験に似たるかな」に対して
上記のような返歌をいただいた。『錬金術師』か、うぅ~ん!
例えていえばキーボードを一本指でようやく打てるようにな
った初心者が、ブラインドタッチのパソコン熟練者を仰ぎ見
るような感覚だ。ふと本棚の奥を見ると『男の料理』という
雑誌があった。発行は昭和55年だ。やりたかったんだな。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞

Fi2623185_2e1





          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

料理に目覚めた。

   男子厨房に入る。(多分、)奥さんは喜ぶ。

シルバー人材センター主催の冬野菜を使った料理講習会
に参加した。20人ほどのおばさん、おばあさんにまじって
エプロンとバンダナ姿で実習にいそしむ。根菜のつくね焼、
小松菜のけんちん汁、春菊とエノキダケのナルム、サーモ
ン入なます、蒸しパン3種をつくって食べた。適切な指導と
レシピさえあれば意外に簡単だ。新春早々、男の料理教室
もある。これに参加して更に腕を磨こう。奥さんは、喜ぶか。
 ∞ ピースルーム ありがとう村(滋賀)便り ∞


Fi2623026_4e1_1


                       

| | コメント (0) | トラックバック (0)